2012年03月18日

マリアの硝子



無色透明のジプサムをセレナイトといい、古くはヨーロッパの宮殿にて燭台やランプ、窓にも使われており、聖母マリアのガラスと呼ばれていましたキラキラ
月の女神“セレーネ”を語源に持つセレナイトは静けさの中にもしっかりとした強い浄化作用を持ち、ヒーラーを中心にとても人気の高い石ですグッド



心惹かれるセレナイトに出会ったら、ゆっくりと向き合って、そのメッセージを感じとってみてくださいね・・・

  
  • LINEで送る

Posted by テンテン at 00:37Comments(2)マリアの硝子